日本を代表する鍼灸医学の学術団体 公益社団法人 全日本鍼灸学会

お知らせ

HOME > お知らせ

第9回厚生労働省ICFシンポジウム開催のお知らせ

第9回厚生労働省ICFシンポジウム開催のお知らせ

JLOM部長 斉藤宗則

WHO国際統計分類(WHO-FIC)に、ICD(国際疾病分類)、ICHI(医療行為分類)、
ICF(国際生活機能分類)があり、WHOは「疾病−治療−評価」という一連の統計を取ろうとしています。
2019年5月に採択されたICD-11(伝統医学を含む)に、ICFを用いた生活機能レベルの定量化を目的とする
「第V章」が新たに盛り込まれ、WHO-FICに基づく統計調査が新たな段階を迎えようとしています。

今回、厚生労働省が主催するICD-11とICFの利活用推進のシンポジウムが開催されます。
今後は鍼灸もこれらに基づく臨床データを構築し、エビデンスを集積していく必要があるため、
ぜひともご参加ください。

1.名 称:第9回厚生労働省ICF(国際生活機能分類)シンポジウム
      ICD-11とICF利活用の新たなステージを展望する 〜様々な現場における共通言語を目指して〜
2.日 時:令和3年2月20日(土)13:00〜15:00
3.形 式:オンライン(zoom)開催(事前登録制)
4.参加費:無料
5.定 員:先着200名
6.主 催:厚生労働省


ページトップ▲

 

公益社団法人 全日本鍼灸学会 〒151-0053 渋谷区代々木1-55-10学園ビル10階 1001号室 電話 03-6276-6751  Fax 03-6276-6752