日本を代表する鍼灸医学の学術団体 公益社団法人 全日本鍼灸学会

お知らせ

HOME > お知らせ

2014WFAS鍼灸国際シンポジウム(米国・ヒューストン)参加報告

2014WFAS鍼灸国際シンポジウム(米国・ヒューストン)参加報告

国際部長 若山育郎

WFAS2014鍼灸国際シンポジウムは2014年10月31日(金)〜11月2日(日)に米国ヒューストンのRoyal Sonesta Hotelにて開催された。その概要を取り急ぎ報告する。

WFAS執行理事は昨年のシドニー総会で改選があり、現在の執行理事総数は日本からの3名を含め76名である。そのうち今回は39名が出席していた(委任状は10名)。執行理事会は、昨年の改選で新たに任命されたLiu Baoyan会長の挨拶で始まり、事前に配布された議案に則って議事が進められた。例年の如く中国語と英語での会議である。今回日本からは、WFAS2016東京大会を一部変更してWFAS2016東京/つくばとすることを提案し、それが承認された。全日本鍼灸学会と日本伝統鍼灸学会によるWFAS企画委員会で検討した結果、主会場をつくば国際会議場とし、ポストカンファレンスを東京で開催することにしたためである。今回、会場(つくば国際会議場)と日程(2016年11月3日〜5日:学術大会は4〜5日の2日間)が決定したため今後それに向けて準備が行われることになる。

今大会には900名を超える臨床家、研究者が参加した。演題数は基調講演を含めて216題で英語セッションと中国語セッションに分けられていた。米国での開催といえども中国語を話す参加者が多いための配慮である。日本からの演題は11題であった。今大会はヒューストンの鍼灸大学American College of Acupuncture & Oriental Medicine (華美中医学院)の主催である。養成校が国際学会のホストを務めるのはやや奇異な感じがするが、WFAS定款の変更により学校単位でもWFASに入会できるようになったためである。 大会テーマは「East Meets West – Shaping the Future of Healthcare」であった。初日(11月1日)午前中は開会式と基調講演が行われた。開会式では今回の大会長であるLiang Shen Pin(WFAS Executive president;;昨年からWFAS年次大会の会頭は自動的にこの名称が与えられることとなった)およびWFAS会長のLiu Baoyanの挨拶を初めとしてWFAS側来賓とヒューストン市長を含めた地元側来賓の挨拶が次々と行われた。その後統合医療と薬用植物の研究で有名なAndrew Weilをはじめとする基調講演と続き、午後からは各部屋に分かれて学術プログラムが開始された。基調講演、一般演題の内容については、国際部員および今回海外研究発表助成を受けた会員により追って学会誌上にて報告する予定である。


ページトップ▲

 

公益社団法人 全日本鍼灸学会 〒151-0053 渋谷区代々木1-55-10学園ビル10階 1001号室 電話 03-6276-6751  Fax 03-6276-6752