日本を代表する鍼灸医学の学術団体 公益社団法人 全日本鍼灸学会

学会の活動

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

HOME > 学会の活動 > 研究活動

研究活動

高木賞

平成8年に「高木賞」の設置を決定し、学会雑誌論文から優秀な論文に対して表彰と賞金を贈呈するもので、高木健太郎初代会長のご遺族からの寄付等を基金として、会員の優秀な研究業績に対して贈られるものである。

高木賞

*授賞年度=委員会選考or理事会承認

授賞年度筆頭タイトル・氏名
平成8年度山田鑑照ヒト合谷相当部におけるSubstance−P 陽性繊維とリンパ系の関連について
平成8年度橋本辰幸雀啄・捻鍼による鍼鎮痛過程に関する末梢機序
平成8年度石神龍代慢性疲労症候群に対する鍼治療の検討
平成9年度河村廣定異なる身体部位で検出された針鎮痛効果のカプサイシン局所処理による消失
平成11年度小林聰鍼刺激によるラット心拍数減少反応の反射機序の検討
平成16年度塩見真由美胃電図を指標としたoptokinetic motion sickness に対する鍼刺激の影響について
平成17年度小田剛ラット阻血下肢への鍼刺激による筋血流の変化
平成19年度鈴木雅雄気管支喘息に対する鍼治療の臨床的効果の検討

高木賞奨励賞

*授賞年度=委員会選考or理事会承認

授賞年度筆頭タイトル・氏名
平成15年度鈴木由紀子高フルクトース食飼育ラットの脂質変化に対する鍼刺激の影響
平成15年度伊藤和憲実験的トリガーポイントモデルから記録された電気活動に対する検討
平成15年度粕谷大智末梢性顔面麻痺に対する鍼治療−新鮮例に対して−
平成15年度尾崎朋文膏肓穴刺鍼の安全深度の検討−遺体解剖及び生体での臨床所見とCT画像における検討−
平成16年度新原寿志鍼灸における感染防止対策の現状−主に開業鍼灸師を対象としたアンケート調査−
平成17年度朝日麻美高齢者における血圧日内変動と東洋医学的所見との関連性
平成18年度松本淳過敏性腸症候群の患者に対する鍼灸治療の効果−条件反転法による検討−
平成18年度伊藤和憲高齢者の慢性腰下肢痛に対する鍼治療の効果−トリガーポイント鍼治療の有用性に関する比較試験−
平成18年度松尾貴子Assessment of the Function of Peritoneal Macrophages in Rats treated with Long Term Direct Moxibustion
平成19年度金子泰久トライアスロン競技の筋肉痛に及ぼす円皮鍼の効果−プラセボを用いた比較試験−
平成19年度鶴浩幸Actual Condition Survey of 3,000 Patients in Affiliated Acupuncture Clinic of Meiji College of Oriental Medicine in the USA

ページトップ▲

 

公益社団法人 全日本鍼灸学会 〒151-0053 渋谷区代々木1-55-10学園ビル10階 1001号室 電話 03-6276-6751  Fax 03-6276-6752