日本を代表する鍼灸医学の学術団体 公益社団法人 全日本鍼灸学会

学会の活動

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

HOME > 学会の活動 > 研究活動

研究活動

エビデンスに基づく変形性膝関節症の鍼灸医学 出版案内(リンク)

 (社)全日本鍼灸学会 編(医歯薬出版)定価¥2940

本書は,2006年京都で行われた(社)全日本鍼灸学会主催の「第1回鍼灸国際シンポジウム“International Symposium on Evidence Based Acupuncture”」で行われたメインシンポジウム「変形性膝関節症に対する鍼治療の効果と安全性」の論文集として,Acupuncture in Medicine誌に掲載された論文をもとに翻訳・編集したものです.
 本書は,変形性膝関節症に対する鍼治療の効果や安全性を理解するうえで,きわめて有益で示唆的な内容になっており,鍼灸教育においてもきわめて有用であると信じています.また,諸外国における鍼治療の臨床研究の現状と医療的役割を知る上でも貴重であり,わが国の鍼灸臨床の研究にも大きく影響を及ぼすことになるものと思います.

会長 矢野 忠

目次

Introduction 変形性膝関節症の基礎知識
Chapter1 変形性膝関節症に対する治療の現状
Chapter2 臨床試験にみる鍼治療のエビデンス
Chapter3 鍼治療の効果の系統的レビュー
Chapter4 鍼治療と安全性
Chapter5 鍼治療の効果と作用機序
Chapter6 変形性膝関節症に対する鍼治療の有効性とその保健医療政策における意義
 
 
エビデンスに基づく腰痛症の鍼灸医学 出版案内
 
(社)全日本鍼灸学会 編(医歯薬出版)定価¥3150
 
●本書はその第2弾として全日本鍼灸学会主催,第2回国際シンポジウム「腰痛症に対する鍼灸治療効果のエビデンスの現状」をまとめたものである.
●腰痛症に対する鍼灸治療の有効性と安全性に関する最新のエビデンスを提供するものであり,世界のトップレベルの研究者の手による貴重な研究成果にふれることができる書である.
●腰痛症に対する中国,韓国,日本の伝統的な診断法と鍼灸治療法,大規模臨床試験によって得られた鍼の効果と安全性に関するエビデンス,さらに鍼の臨床試験で大きな問題となっているシャム鍼などについて紹介している.
●世界の鍼研究の現状を知り,エビデンスのもつ意味を理解するうえで本書の果たす役割は大きい.鍼灸の研究者はもとより,すべての関係者に必読の書.
 
目次
 
PART1 中国,韓国,日本における腰痛治療法の紹介
PART2 腰痛に対するRCTの現状
PART3 シャム鍼について

ページトップ▲

 

公益社団法人 全日本鍼灸学会 〒151-0053 渋谷区代々木1-55-10学園ビル10階 1001号室 電話 03-6276-6751  Fax 03-6276-6752