日本を代表する鍼灸医学の学術団体 公益社団法人 全日本鍼灸学会

学術大会・研修会

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

HOME > 学術大会・研修会 > 支部学術集会・支部指定講座・他団体指定講座 > 関東

関東

第33回関東支部学術集会


日 時:平成26年11月30日(日) 9:55〜17:35
場 所:東京大学医学部2号館本館 3F大講堂(東京都文京区本郷7−3−1)
            http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_03_j.html


テーマ:「がんと鍼灸」

開会の辞 9:55〜    第33回学術集会実行委員長 鳥谷部創治

●一般口演1 (10:00〜10:24)        座長 小俣 浩     
  1.抗がん剤を拒否した大腸がん患者の一症例  木更津杏林堂 金井正博
  2.緩和ケア病棟を有する医療機関での鍼灸治療の実態調査
    — 緩和ケア領域における鍼灸に対する意識 —    
                               東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科  高梨知揚

●一般口演2 (10:25〜10:49)      座長 水出 靖
  3.近視者に対する鍼治療の効果   静岡医療学園専門学校   原田菜央
  4.Bell麻痺患者に対する鍼治療の効果 −糖尿病合併例での検討−
                                              埼玉医科大学東洋医学センター   堀部 豪

●ミニレクチャー (10:50〜11:30)    司会 鳥谷部創治
  補瀉法の有効性・有用性の現代的解釈と証明
                                       東京衛生学園臨床教育専攻科講師  小川   卓良
                                                                   杏林堂院長代行   北川美千代
 
●市民公開講座(13:00〜14:10)     司会 小川卓良  
  繁殖終えたら「死」を視野に〜がんで死ぬのも悪くない〜
                                       社会福祉法人 同和園附属診療所 所長 中村 仁一

●シンポジウム (14:20〜16:20)     司会 粕谷大智、三村直巳
  癌と鍼灸、現状と今後の展開を探る
  1.緩和医療と鍼灸治療    青森県立中央病院緩和医療科 部長 的場元弘
  2.がん治療に伴う副作用に対する鍼灸治療
    −Paclitaxelに伴う末梢神経障害に対する鍼治療の効果−
    明治国際医療大学臨床鍼灸学講座(内臓機能系鍼灸学)准教授 福田文彦
  3.緩和ケア病棟における鍼灸治療の役割
     〜ターミナル期における鍼灸治療について〜
           福島県立医科大学会津医療センター漢方医学講座 准教授 鈴木雅雄
  4.当センターにおけるがん患者の愁訴に対する鍼治療効果
     −主にQOLを指標とした検討−
                                                 埼玉医科大学東洋医学センター  小内 愛

●教育講演 (16:25〜17:35)      司会 山口 智
  癌患者に対する化学療法の最前線
                    昭和大学医学部内科学講座腫瘍内科 教授 佐々木康綱
 
次期学術集会実行委員長挨拶  第34回学術集会実行委員長 水出 靖

閉会の辞 17:35〜   関東支部副支部長 山口 智

●懇親会 (18:00〜)  東京大学山上会館1F


ポイント数:5点(参加点数)
 (市民公開講座のみの参加については、認定ポイントは認められません。)


参加費:会員:3,000円 一般:5,000円 会員学生:1,000円 一般学生:3,000円 
       懇親会:5,000円

 

連絡先:第33回(公社)全日本鍼灸学会関東支部学術集会 事務局  阿部洋二郎
             〒360-0162 埼玉県熊谷市村岡36-2 あらい鍼灸院 
             TEL&FAX:048-598-4993   e-mail:twrjm393(@)ybb.ne.jp

ページトップ▲

 

公益社団法人 全日本鍼灸学会 〒151-0053 渋谷区代々木1-55-10学園ビル10階 1001号室 電話 03-6276-6751  Fax 03-6276-6752