日本を代表する鍼灸医学の学術団体 公益社団法人 全日本鍼灸学会

学術大会・研修会

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

HOME > 学術大会・研修会 > JSAM鍼灸国際シンポジウム

JSAM鍼灸国際シンポジウム

第3回JSAM鍼灸国際シンポジウム 概要

事前登録は締めきりました。当日受付行います。


プログラム

(PDF版は下記より)

        http://jsam.jp/pdflib/37kApe.pdf 

-------------------------------------------------------

1日目 2012年6月7日(木)

-------------------------------------------------------

10:00-12:00

プレシンポジウム:日本独特の鍼灸手技

      司会:仲野彌和、高澤直美

講演者

 10:00-10:15    北川美千代

  日本の鍼灸業態の特徴

 10:15-10:30    石崎直人

  日本の鍼灸受療患者の特徴

 10:30-10:45    形井秀一

  経絡治療の現状と実際

 10:45-11:00    鈴木 信

  小児鍼の歴史と実際

 11:00-11:15    坂井友実

  現代医学的発想にもとづく鍼灸

 11:15-11:30    Steven Birch

  欧州における日本鍼灸


 11:30-12:00    ディスカッション(30分)

-------------------------------------------------------

12:00-13:00  昼食

-------------------------------------------------------

13:00-13:15  開会式


開会の辞 社団法人 全日本鍼灸学会   会長 後藤修司

     国民のための鍼灸医療推進機構 代表 仲野彌和

招待講演者紹介 

-------------------------------------------------------

13:15-15:15

セッション 1: 頭痛の診断治療と鍼灸治療に関するレビュー

               司会:山口 智、若山育郎


シンポジスト

 13:15-13:45     坂井文彦

  一次性頭痛の分類と治療の最前線

 13:45-14:15     五十嵐久佳

  日本における頭痛診療の実態

  −どのような患者が頭痛外来を受診し、何が求められるか−

 14:15-14:35     Byung-Cheul Shin

  韓国における頭痛の鍼治療:診療の実際と臨床試験

 14:35-14:55     鈴木真理

  医科大学病院における慢性頭痛に対する鍼治療効果

 

 14:55-15:15     ディスカッション(20分)

-------------------------------------------------------

15:15-15:30      コーヒーブレーク

-------------------------------------------------------

15:30-17:30

セッション 2: 頭痛に対する鍼治療の臨床試験と症例集積

               司会:Stephen Birch、小俣 浩


シンポジスト

 15:30-15:50    Benno Brinkhaus

  片頭痛と緊張型頭痛患者に対する鍼治療

  −鍼治療の日常臨床研究(ARC)、2つの鍼治療のランダム化試験(ART)の結果と総合的エビデンス−

 15:50-16:10    Myeong-Soo Lee

  頭痛および片頭痛に対する鍼治療

  −システマティックレビューの概要−

 16:10-16:30   菊池友和

  一次性頭痛に対する鍼治療の基礎研究

 

 16:30-17:30    ディスカッション(60分)

-------------------------------------------------------

2日目 2012年6月8日(金)

-------------------------------------------------------

9:00-11:30


セッション 3: 鍼灸の臨床試験の課題

              司会:Myeong-Soo Lee、山下 仁

シンポジスト


 9:00-9:15      増山祥子 

  日本の鍼灸臨床試験の概要

 9:15-9:35      Benno Brinkhaus 

  鍼臨床試験の研究方法論

  −プライマリ・リサーチクエスチョンに応じた研究デザイン及び対照群の選択

 9:35-9:55      金子泰久

  スポーツ分野における円皮鍼の効果

 9:55-10:15     川喜田健司 

  鍼臨床試験で用いられてきた各種シャム鍼刺激の持つ生理活性のメカニズムについて

 10:15-10:35    Stephen Birch

  シャム鍼はプラセボ治療ではない

  −その意味と研究における課題―


 10:35-11:30    ディスカッション(55分) 

-------------------------------------------------------

11:30-11:40     閉会式

-------------------------------------------------------


閉会の辞  シンポジウム会長  後藤修司

      招待講演者代表   Stephen Birch

-------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------


詳細


1.会議名称: 第3回JSAM鍼灸国際シンポジウム

 −頭痛に対する鍼灸治療のエビデンス−

 The 3rd JSAM International Symposium on Evidence-based Acupuncture

  - Evidence of the Effectiveness of Acupuncture for Headache -

2.会期 : 平成24年6月7日(木) 10:00 〜 8日(金) 12:00

3.会場: 四日市市文化会館 第3ホール

     〒510-0075 三重県四日市市安島二丁目5-3

     近鉄四日市駅より徒歩10分

4.会長: (社)全日本鍼灸学会会長 後藤修司

5.実行組織 :第3回JSAM鍼灸国際シンポジウム実行委員会

       Advisor:Adrian White

       実行委員長:山下 仁(JSAM研究部長)

       実行副委員長:石崎直人(JSAM国際副部長)

       実行委員:仲野弥和(三重大会実行委員長)

石田寅夫、張文平(鈴鹿医療科学大学)

若山育郎、木村研一(関西医療大学)

川喜田健司、鶴 浩幸、斉藤宗則(明治国際医療大学)
             
小林章子、増山祥子(森ノ宮医療学園)
             
木村友昭(東京有明医療大学)
             
山口 智、小俣 浩(埼玉医科大学)
            
津嘉山洋(筑波技術大学)
             
篠原昭二(JSAM学術部)、坂口俊二(JSAM編集部)

金井正博(JSAM広報部)、高澤直美(JSAM国際部)

     古屋英治(JSAM研究部) 

協 力:竹内 大(医歯薬出版)


6.開催目的

 1990年代から始まったEBM(Evidence-Based Medicine)の潮流は、補完代替医療や鍼灸の分野にも普及しています。その根本には、「有効性と安全性のエビデンスを示すことができない治療法や診断法を排除し、限られた医療資源を有効に用いるべきである」という西洋的発想があります。

一方、我が国では、歴史的に人々が鍼灸に親しみ、当然のように鍼灸を疾病治療や健康維持に用いてきたため、鍼灸が有効であるというエビデンスを求める作業を近年まで敢えて行うことをしなかったというのが本当のところではないかと思います。そうした背景もあって、我が国におけるEBMの観点から実施される臨床研究はあまり発展せず、現在まで海外に遅れを取ってきたというのが現状です。

 そこで(社)全日本鍼灸学会(JSAM)は、EBMの概念に則った研究に対する会員諸氏の認識を促し、海外の研究の実情を知って、国内における鍼灸の臨床的エビデンスを提示する研究の活性化を図るために、2006年に第1回の国際シンポジウム「変形性膝関節症に対する鍼灸治療のエビデンス」、2009年に第2回「腰痛症に対する鍼灸治療効果のエビデンス」を開催いたしました。これらのシンポジウムは成功裡に終わり、その結果、国内の鍼灸関連研究に対しても大きな影響を与えるとともに、海外の当該領域の研究者たちに日本の鍼灸臨床と鍼灸研究の特徴や背景を知ってもらうことができました。

今回の第3回JSAM鍼灸国際シンポジウムは、これらの経過を踏まえるとともに、現在問題となっている偽鍼対照ランダム化比較試験の問題点に真正面から取り組むプログラムを組むことといたしました。

7.招聘研究者

〈海外〉

Benno Brinkhaus

 Professor of Complementary Medicine, Institute for Social Medicine, Epidemiology and Health Economics, Charite University Medical Center, Germany

 ドイツで大規模な鍼の臨床試験を複数実施し、LancetやJAMAなど世界のトップジャーナルに発表してきた。

Byung-Cheul Shin

Professor, School of Korean Medicine, Pusan National University, South Korea

 韓国唯一の国立韓医学部でリハビリテーションや推拿の臨床と研究に携わっており、韓国内の鍼の臨床試験の情報収集とシステマティック・レビューを専門領域としている。

Myeong Soo Lee

 Principal Researcher, Korea Institute of Oriental Medicine, Daejeon, South Korea

 韓国国立東洋医学研究所で鍼治療などの伝統医学のシステマティック・レビューを実施してエビデンスを検証している。

Stephen Birch

 Associate Professor at the University College of Health Sciences ? Campus Kristiania, Oslo, Norway. Director of Foundation for the Study of Traditional East Asian Medicine, Amsterdam, Holland.

 ヨーロッパで日本式の鍼治療を普及させており、日本の微小な鍼刺激による臨床効果について研究している。

〈国内〉

坂井文彦

 埼玉精神神経センター/埼玉国際頭痛センター長

 日本頭痛学会理事長、米国頭痛学会理事

五十嵐久佳

 神奈川歯科大学附属横浜クリニック内科教授(頭痛外来担当)

 日本頭痛学会理事、日本神経学会評議員

川喜田健司

 明治国際医療大学生理学教室教授

 前(社)全日本鍼灸学会研究部長

形井秀一

 筑波技術大学保健科学部保健学科鍼灸学専攻教授

 日本伝統鍼灸学会会長

坂井友実

 東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科教授

 現代医療鍼灸臨床研究会世話人代表

ほか7名


9.参加登録・参加費など

       事前登録6,000円(学生4,000円)

       当日現金8,000円(学生6,000円)

       第61回学術大会三重大会の「参加申し込み」より受付中

       事前登録受付期日 5月11日まで

       https://entry-taikai.jsam.jp/   ←入り口

8.プログラム(PDFにて掲載)

        http://jsam.jp/pdflib/37kApe.pdf 


10.連絡・問合せ先

参加登録・支払いに関して

   株式会社EVEN(イーブン)

   〒271-0064 千葉県松戸市上本郷894-4-402 

       Tel:047-366-9501

プログラムに関して 

     第3回JSAM鍼灸国際シンポジウム実行委員会委員長 山下 仁

   〒559-8611 大阪府大阪市住之江区南港北1-26-16 森ノ宮医療大学

   Fax 06-6616-6912

ページトップ▲

 

公益社団法人 全日本鍼灸学会 〒151-0053 渋谷区代々木1-55-10学園ビル10階 1001号室 電話 03-6276-6751  Fax 03-6276-6752