日本を代表する鍼灸医学の学術団体 公益社団法人 全日本鍼灸学会

学術大会・研修会

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

HOME > 学術大会・研修会 > 日本鍼灸に関する東京宣言 講演次第

日本鍼灸に関する東京宣言 講演次第

日本鍼灸に関する東京宣言2011

―21世紀における日本及び世界のより良い医療に貢献するために―

2011年6月19日

社団法人全日本鍼灸学会

日本伝統鍼灸学会

我々は2011鍼灸学術大会in東京大会にて「日本鍼灸に関する東京宣言2011」を採択した。

目的

日本鍼灸の特質や将来に向けて取り組むべき課題を明確に表現することによって、鍼灸医療に携わるすべての人々や医療関連職種の人々、並びに医療行政に携わる人々に正確な理解を図る事。

日本鍼灸の特質を明らかにすることは、そのまま世界の鍼灸のあり方へ一石を投ずること事。

以下6項目を宣言する。

(1) 鍼灸に関する最新の知見を医学界及び国民に向けて広く発信し、鍼灸への正しい理解と適正な医学的評価を得ることに努める。

(2) 鍼灸の臨床効果を立証するために相応しい研究デザインを確立し、世界の鍼灸臨床の有効性と安全性に関する研究の発展のために貢献する。

(3) 日本の伝統医学である鍼灸を医療システムにおいて適切に位置づけることに努める。

(4) 鍼灸は日本の貴重な文化的遺産の一つであることの理解を深め、さらにその普及に努める。

(5) 日本鍼灸と世界各国の鍼灸との交流を推進し、各国鍼灸に対する相互理解を深め、その特色を尊重し、世界における鍼灸の多様性の維持・継承と発展に努める。

(6) 心と身体をトータルにみつめる鍼灸医療を通して、これまで以上に人々の健康保持増進、疾病予防及び治療に寄与することに努める。 

 この東京宣言の内容は時代とともに変わるものであり、決して固定化されるものではないと考える。それは、鍼灸が、未来に向けて進化・発展する使命を内包しているからに他ならない。

全文掲載は下記のバナーをクリックしてPDFをご覧ください。

 東京宣言起草委員会委員
後藤 修司※1 (学校法人 後藤学園 理事長)
形井 秀一※2 (国立大学法人 筑波技術大学保健科学部 教授)
坂本 歩※3 (学校法人 呉竹学園 理事長)
石原 克己 (東明堂石原鍼灸院 院長)
伊藤 和憲 (明治国際医療大学 臨床鍼灸学教室 准教授)
小川 卓良 (東京衛生学園専門学校 臨床教育専攻科 講師)
川喜田 健司 (明治国際医療大学 生理学教室 教授)
北小路 博司 (明治国際医療大学 臨床鍼灸学教室 教授)
小松 秀人 (十字堂治療院 院長)
篠原 昭二 (明治国際医療大学 伝統鍼灸学教室 教授)
妹尾 匡躬 (八綱療院 院長)
高橋 大希 (東京衛生学園専門学校 東洋医療総合学科専任教員)
東郷 俊宏 (東京有明医療大学 保健医療学部鍼灸学科 准教授)
戸ヶ崎 正男 (蓬治療所 所長)
福田 文彦 (明治国際医療大学 臨床鍼灸学教室 准教授)
船水 隆広 (呉竹医療専門学校 専任教員)
村上 哲二 (東京医療専門学校 専任教員)
矢野 忠  (明治国際医療大学 健康・予防鍼灸学教室 教授)
山口 智 (埼玉医科大学病院 東洋医学診療科 講師)
山下 仁 (森ノ宮医療大学大学院 保健医療学研究科 教授)
(五十音順)

※1 社団法人全日本鍼灸学会会長
 2 日本伝統鍼灸学会会長
 3 東京宣言起草委員会 委員長

ページトップ▲

 

公益社団法人 全日本鍼灸学会 〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-44-14(日本鍼灸会館内) 電話 03-3985-6188  Fax 03-3985-6135